外食産業向けリスクマネジメント

外食産業リスクマネジメント

外食産業リスクマネジメントの必要性

外食産業に営業リスクはつきものです。だからこそ保険でリスクの転嫁をする必要があります。しかし、保険にも種類があり補償内容について様々な比較をすること自体が容易ではありません。
また実際にそのようなリスクを想定できていない場合も数多く存在します。
下記のようなリスクがあるという事はまず理解しておく必要があります。

外食産業で考えれらるリスク

■物に対する損害リスク(建物・造作・什器備品など)
■お店の休業補償に対するリスク
■お客さまに対する賠償責任のリスク
■現金・有価証券の盗難事故のリスク
■従業員の業務中の事故
■罹災による家主に対する賠償リスク
■罹災により近隣に損害を与えるケース
■早期に営業再開をするための費用リスク

阪神保険センターのリスクマネジメント

リスクが発生すると経営の存続にも関わるのが外食産業です。つまり最低限のリスクに対応する為、保険への加入はリスクマネジメントとなります。しかしながら、何が必要で、それぞれの保険の補償内容等を把握するのは非常に難しいのです。
当社ではそのような外食産業様向けにリスクマネジメントのご相談を承り、わかりやすくご説明してまいります。
巨額な出費となる前に必ずリスクに備えた準備をする事をおすすめいたします。いつでもお気軽にご相談くださいませ。